レガシーコード・クリニック

~技術的負債を資産に変えて2025年の崖を超える~

古くから社内で利用されているブラックボックス化されているコードは構造設計やドキュメントが整っておらず、複雑化する最新の要求に対する保守・機能拡張により問題を起こす可能性があります。レガシーコードを見直し、問題を洗い出すクリニックを受診してみませんか?

  • 基本パッケージ[基本診断フェーズ]

    • レガシーコードのAPIドキュメント化
    • 関数毎のユニットテストとレビューによる問題の洗い出し
  • オプション項目[治療フェーズ]

    • コードの脆弱性チェックとトリアージ
    • ソフトウェア静的構造の見直しとドキュメント化
    • 再構築(リファクタリング)
    • リファクタリング後のコードにユニットテストを行い旧コードと互換性を確認

                   

 

  • C/C++言語のコードを対象としています。
  • コードをお預かりする必要がございます。お預かりしたコードは厳重に管理させていただきます。
  • お試しも承ります。まずはご相談下さい!